総コレステロールが高い原因|自力で下げる方法とは?

総コレステロールが高い原因や自力で下げる方法を書いています。

総コレステロールが高いのと健康に関する話

総コレステロールは薬で下がる?

投稿日:

総コレステロールの値は、薬で下げる事ができます。

総コレステロールの値が高いと、健康に良くない事はイメージできますよね。

更に、動脈硬化を発症してしまうと、心筋梗塞や脳梗塞といった、命の危険のある病気になるリスクも高くなります。

その為、総コレステロールが高いと診断された場合、下げる努力をしなければなりません。

ただ、食事制限を行ったり、運動を行ったりしても、総コレステロールの値が高いままのケースもあります。

それは、総コレステロールの値が高い場合でも、自覚症状をそれほど感じないからです。

改善している実感がないと、すぐにまた普段の生活習慣に戻ってしまうでしょう。

このように、総コレステロールの値が下がらないまま、危険な状態が続いていると判断された場合、コレステロールの値を下げる薬を医師が処方してくる場合があります。

安易に薬に頼る事はおすすめできません。

けれど、すぐにでも総コレステロールを下げなければ危険ならば、薬で効果的に下げる必要もあるでしょう。






総コレステロールを下げる薬にはどんなものがある?


総コレステロールを下げる薬には、次のようなものがあります。

・スタチン系薬剤
・陰イオン交換樹脂製剤
・コレステロール吸収機構阻害剤

まず、一般的に処方されているのが、スタチン系の薬剤です。

スタチン系の薬は、肝臓で作られているコレステロールの合成を抑制する効果があります。

特に、悪玉コレステロールを下げる効果に期待ができます。

陰イオン交換樹脂製剤は、コレステロールが肝臓に運ばれる事を抑制し、総コレステロールの値を下げます。

コレステロール吸収機構阻害剤は、肝臓から生成されるコレステロールと食べ物から入ってくるコレステロールを、小腸が吸収しないように阻害します。

肝臓に重度の異常がある場合、コレステロール吸収機構阻害剤とスタチン系薬剤の併用は勧められません。

この他にも、中性脂肪を減らす薬を服用する事で、総コレステロールの値を下げる事もできます。






総コレステロールを下げる薬に副作用はあるの?


総コレステロールを下げる薬にも、副作用はあります。

一般的に処方されているスタチン系の薬剤の副作用としては、腹痛や倦怠感、そして横紋筋融解症があります。

横紋筋融解症とは筋肉障害で、横紋筋が壊れてしまう病気です。

筋肉が痛くなったり手足に力が入らなかったり、麻痺が出る事もあります。

赤褐色の尿が出る場合もありますので、このような症状が出たらすぐに医師に相談しましょう。

陰イオン交換樹脂製剤の副作用としては、便秘や満腹感、コレステロール吸収機構阻害剤の副作用としては、下痢や食欲不振が挙げられています。

また、コレステロールを下げる薬を長期間服用していると、ホルモンの原料がコレステロールである為、ホルモン不足になる可能性もあります。

特に女性の場合、更年期障害を発症しやすくなるでしょう。




-総コレステロールが高いのと健康に関する話

Copyright© 総コレステロールが高い原因|自力で下げる方法とは? , 2017 All Rights Reserved.