総コレステロールが高い原因|自力で下げる方法とは?

総コレステロールが高い原因や自力で下げる方法を書いています。

総コレステロールが高いのと健康に関する話

総コレステロールが高い原因って?

投稿日:

総コレステロールが高い原因として、次のような事が挙げられます。

・加齢
・運動不足
・ストレス
・暴飲暴食
・脂質が多い食生活

まず加齢ですが、これは基礎代謝の問題です。

年齢と共に、体の基礎代謝は確実に落ちていきます

昔から肉ばかり食べてきたけれど、血液検査で総コレステロール値が高い、と指摘された事はない、と思ってはいませんか?

けれど、それは若い頃は代謝が良かったからであり、年齢を重ねてからも同じような食生活をしていたら、総コレステロールの値はすぐに高くなってしまいます。

運動不足も、カロリーを体に溜め込んでしまい、総コレステロールの値は高くなります。

ストレスもそうですが、ストレスからくる暴飲暴食も注意が必要ですね。

また、当然ながら、脂質が多い食生活も大きな原因です。

バターやマーガリン、卵、そして肉といった食生活ばかりしていては、すぐにカロリーオーバーになってしまうでしょう。






総コレステロールにはどんな種類があるの?


総コレステロールにはどんな種類があるのかと言うと、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があります。

まず、善玉コレステロールですが、こちらは血液中にある余分なコレステロールを、全身の組織から肝臓へ運ぶ働きがあります。

一方の悪玉コレステロールですが、こちらは肝臓から全身の組織へコレステロールを運ぶ働きがあります。

コレステロールはエネルギーの元にもなりますので、悪玉コレステロールの役割も重要です。

普段は、この2つのコレステロールのバランスが上手にとれているので、健康でいられるのです。

ただ、なんらかの原因でこのバランスが崩れ、悪玉コレステロールの値が高い状態になってしまうと、問題が生じます。

血液中の余分なコレステロールを運ぶ善玉コレステロールの働きが追いつかなくなり、どんどん血管内にコレステロールが溜まっていきます。

すると、血管の内側に付着して血液の流れを妨げてしまうのです。

また、血管が破れやすくなる動脈硬化の原因にもなります。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスを上手に保つ事が、健康には重要なのですね。






総コレステロールが高い原因が分からなかったらどうすればいい?


総コレステロールが高い原因が分からなくても、とりあえず食生活から改善しましょう。

肉はあんまり食べていない、脂っこいものは好きじゃない、といった方でも、総コレステロールの値が高くなる事があります。

それは、ストレスや運動不足、喫煙、アルコール等が原因。

ただ、急にストレスをなくしたり、毎日運動したり、すぐに煙草を止めるなんて事はムリですよね。

そのような時は、食生活から改善させるのです。

普段から、肉は食べていないけど、青魚も食べていない、といった事は多いもの。

青魚に含まれている、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサぺンタエン酸)は、総コレステロールの中でも悪玉コレステロールを下げる効果があります。

積極的に青魚を食べる事で、原因が分からずに高くなっている総コレステロールの値も、低くする事ができるでしょう。



-総コレステロールが高いのと健康に関する話

Copyright© 総コレステロールが高い原因|自力で下げる方法とは? , 2017 All Rights Reserved.