総コレステロールが高い原因|自力で下げる方法とは?

総コレステロールが高い原因や自力で下げる方法を書いています。

総コレステロールが高いのと健康に関する話

総コレステロールが高いと中性脂肪も高い?

投稿日:

総コレステロールが高いと中性脂肪も高いと思われがちですが、実はそうでもありません。

総コレステロールの値が高いのに、何故か中性脂肪の値は低い。

この原因は、総コレステロールの値の中でも、特に悪玉コレステロールの値が高くなっているからです。

悪玉コレステロールの値が高くなる原因は、コレステロールを多く含んだ食品を好んで食べている為です。

具体的には、肉や脂身、卵、チーズや牛乳といった乳製品です。

これらの食品ばかりを好んで食べていると、悪玉コレステロールの値は高くなります。

けれど、食べている量としては少ない為、中性脂肪は低い状態でキープされる訳です。

また、ストレスがたまっていると総コレステロールの値が高くなる事が分かっています。

つまり、ストレスが多い環境にいると、中性脂肪が低くても総コレステロールの値は高くなってしまう事がある、と言う訳です。






中性脂肪は低すぎても問題がある?


中性脂肪は、低すぎても問題があります。

中性脂肪の値が高いと危険、と言う事は広く知られています。

その為、その反対の中性脂肪の値が低いと、なんとなく健康である、といったイメージがありますよね。

けれど、中性脂肪の値が低すぎても、実は大きな問題があるのです。

中性脂肪は体内でエネルギー源となっていますので、中性脂肪の値が低くなると、エネルギーが少なくなり元気がなくなります

他にも、めまいや片頭痛などの症状を引き起こす原因にもなります。

中性脂肪が低すぎる大きな原因として考えられるのが、ムリなダイエットです。

食事の量を減らしたり、野菜ばかり食べていたりすると、摂取カロリーが少なくなり中性脂肪の値も低くなります。

また、あまりにも中性脂肪の値が低い場合、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)や肝臓病といった、本人が気付いていない病気が隠れている可能性もあります。

血液検査で中性脂肪の値が低かった、と喜ばないで、もし適性値よりも低い場合は、検査を受ける事をおすすめします。






中性脂肪が高い場合どうすればいい?


中性脂肪が高い場合、次のような事を行ってください。

・運動不足を解消する
・脂肪や糖質(炭水化物)の多い食事を控える
・アルコールは週に2回程度にする

多くの場合、食事のコントロールをするだけで、中性脂肪の値はある程度減らす事ができます。

肉の脂身やベーコン、ソーセージ、チーズ、バターといった、動物性脂肪が多い食品や、炭水化物を極力控えるようにします。

また、そこに適度な運動を加える事で、効果的に中性脂肪を減らす事ができます。

ウォーキングといった、軽い有酸素運動を続けるようにしてください。

中性脂肪の値が高いと、脂質異常症や糖尿病だけではなく、心筋梗塞や脳血管障害といった、重大な病気の原因にもなってしまいます。

自覚症状がなくても、中性脂肪が高いと診断されたら、早めの対処が必要ですね。




-総コレステロールが高いのと健康に関する話

Copyright© 総コレステロールが高い原因|自力で下げる方法とは? , 2018 All Rights Reserved.