総コレステロールが高い原因|自力で下げる方法とは?

総コレステロールが高い原因や自力で下げる方法を書いています。

高めの総コレステロールを自力で下げる方法

総コレステロールが下がる食品って?

投稿日:

総コレステロールが下がる食品として有名なのが、青魚です。

特に、悪玉コレステロールの値を下げる効果が高い、とされています。

青魚には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサぺンタエン酸)と呼ばれている、不飽和脂肪酸やタウリンが多く含まれています

これらの成分が血液をサラサラにし、血中の悪玉コレステロールを溶かして、総コレステロールの値を下げてくれるのです。

DHAやEPAが多く含まれている青魚として、イワシやサンマ、サバ等が挙げられます。

また、貝類やイカ、タコにはタウリンが含まれています。

また、えごま油にも総コレステロール値を下げる効果が期待できます。

えごま油には、必須脂肪酸であるα-リノレン酸が多く含まれていて、これが悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やしてくれるのです。

総コレステロールの値が高い方は、積極的に食事に摂り入れるようにすると良いでしょう。






カキで総コレステロールが下がるってホント?


カキで総コレステロールが下がるというのは、ホントです。

総コレステロールを下げる成分として有名なのは、DHAとEPAですね。

けれど、実はカキに含まれるタウリンにも、総コレステロール値を下げる効果があるのです。

タウリンは、肝臓で胆汁酸を合成しますが、この胆汁酸はコレステロールの排出を促します

この事により、血液中の総コレステロールの値が下がるのです。

また、タウリンには総コレステロールの値を下げる効果の他、血圧や血糖値を下げる効果も期待できます。

カキには、このタウリンが魚介類の中でもトップクラスの多さで含まれています。

カキは苦手、といった方も多いと思いますが、栄養も豊富ですので、普段から積極的に食べて欲しい食品ですね。






納豆で総コレステロールが下がるってホント?


納豆で総コレステロールが下がるというのは、ホントです。

まず、納豆は大豆を原料として作られています。

大豆に含まれている大豆たんぱく質には、血液中の悪玉コレステロールを下げる成分が多く含まれています。

その為、納豆を食べる事で、総コレステロールを下げる事ができるのですね。

また、納豆には納豆キナーゼという成分が含まれています。

納豆を混ぜるとネバネバしますが、あの粘りが納豆キナーゼです。

納豆キナーゼは、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなる、血液中の血栓を溶かす効果がある事が分かっています。

ただ、注意しなければならないのが、この納豆キナーゼは熱に弱い為、加熱するとせっかくの成分が壊れてしまう事。

オススメの食べ方は生のまま、粘りが出るよう、よくかき混ぜてから食べるようにしましょう。



-高めの総コレステロールを自力で下げる方法

Copyright© 総コレステロールが高い原因|自力で下げる方法とは? , 2018 All Rights Reserved.